子育ては自分育てとはよく言ったもんだ

元来ダメ人間なアラフォー女がフルタイムで働きながら2児の母に。夫の転勤により第二子妊娠中のワンオペ生活、引越し、転院、転園、夫婦で転勤など激動の2017年を経て、少し強くなったかも?子育てしていると気づかされる、自分のダメな習慣や育った環境のいいとこ悪いとこ。もうアラフォーだけど子育てを機にもっと良い習慣を身に着けたい。

ZARAのパーソナルスタイリングサービスを利用したときの話

もう半年以上前の話ですが、ZARAのパーソナルスタイリングサービスを利用しました。Twitterでも、リアルの友人からも感想を訊かれることが多いので、私の体験記を記録しておきたいと思います。
(もはやうろ覚えですが、、思い出せる限り)

 

<利用しようと思った理由>

私が利用したの今年の5月。育休から復帰して1か月ほど経った頃でした。
新宿東口店でお願いしました。
ようやく仕事モードに気分が切り替わって、暑くなってきたし、仕事に着ていける(けどできれば休日も使える)服が買いたいなと思っていました。
でも次女がまだ小さく、平日は早く迎えに行きたいので帰りに買い物する時間ないし、週末も一人でゆっくり買い物する時間を作るのは困難。1,2時間あっても、決め切れずに何も買わない、なんてこともしばしば。
だったら、誰かセンスがいい人にまとめて選んでもらい、その中から気に入ったものが買いたい! なんて思っていたら。たまたまフラット寄ったZARAで、「パーソナルスタイリングサービスやっています」という看板?POP?を見つけたんです。

スタイリング自体は無料で、買わなくてもいい。とのこと。
そして、ZARAというところが絶妙です。普段私はあまりZARAでは服を買わないのですが、高くないから金銭的な抵抗があまりないと思いました。それに、ベーシックすぎない(ちょっと個性的な服も多い)というイメージを持っていたので、プロに選んでもらえたら面白そう(自分では選ばなそうな服に出会えそう)と思い、利用することにしました。

<予約>

事前に日時を決めて予約を取る必要があります。
そのころ、ちょうど新宿近くで午後3時半くらいに終わる外の打ち合わせが入っている日があり、会社に戻るのも中途半端な時間なので、この日にスタイリングサービスを利用して直帰することにしました。
パーソナルスタイリングサービス、どのくらい人気なのかも、何日くらい前に予約が必要なものかも全然わからなかったのですが、とりあえず電話して、直帰の予定の日(その日の翌日だか2日後くらいで、結構直前でした)の空き状況を聞いてみたところ、予約OKとのこと。平日昼だったからかもしれませんが、割とすんなり予約が取れました。

 

<電話口で聞かれたこと>
・今回のリクエス
 私は具体的に、「育休あけたばかりで仕事で着れる服がほしい」「子どもが小さく、保育園送迎もあるので、低いヒールの靴でも合うもの」といった希望を伝えました。

・好み
あまり覚えていませんが、パンツ派かスカート派か、着たくない色や形などがあるか、など聞かれた気がします。

・職場のドレスコード
どの程度のフォーマルさが必要か。私の場合は営業職でもないのでスーツやジャケット必須でもなく、デニムやサンダルやノースリーブがNGという程度なので、その旨伝えました。

・サイズ

身長と、普段来ている服と靴のサイズ。ZARAの服のサイズだとどれになるのかはわからないと伝えました。年齢は最後まで聞かれなかったので(まあ今のご時世聞けないかあ)、すごく若々しい服が出てきたらどうしよう、とちょっと心配でした。

 

<当日>

予約した時間に、店内にいたスタッフの人にパーソナルスタイリングサービスで来店した旨伝えると、少しレジ近くで待った後、スタイリストの方を紹介されました。

スタイリストさんは自分の名刺を出して、軽く挨拶。
電話で伝えた要望を踏まえ、もう少し詳しく好みなどを聞かれました。

スタイリングの時間は1時間と決まっています。試着室の一番奥の、広めのブースに通されます。
すでに、事前のヒアリングをもとに3ルックほどコーディネートを考えてくれていて、試着室にハンガーでかかっていました。

パッと見て、好みじゃないものがあったりするか訊かれましたが、私的にはどれも良さげ(だけど自分では選ばなそうなものも)だと感じたので、1ルックずつ試着してみることにしました。
試着しながら、「このパンツにはこういうトップスも合います」「こんなベルトを使ってみても」etcバリエーションの提案もしてくれます。
パンツは同じもののサイズ違いを2-3用意してくれて、いくつか試着していくうちに「さっきのパンツがSでOKだったので、これもSでOKだと思いますよ」といったアドバイスもしてくれます。
ZARAの服って大きめが多い、ということは私も知っていましたが、結構下半身デブ気味なので、最初から試着するときにSを選ぶってことは自分ではまずしないです。けど今回買った服はほとんどSサイズでよかったんですよね。その辺のサイズ感も、普段たくさんのお客さんを見ていてZARAのサイズを把握しているスタイリストさんだからこそですよね。

パンツの試着って、サイズ合わせるのもそうだし、似合う似合わないの判断も難しくていつも私はめんどくさいと思っていたので、相談に乗ってもらいながら試せたのはよかったです。
それに、ここ2年くらいでワイドパンツやハイウエストのボトムが増えたので、ほしい、着てみたい、と思っていたもののどういうものを選んだらいいかわからずにいたのです。(去年の夏は妊婦だったのでパンツほとんど履いてなかったですし)

1時間のうちに、色々試着しながら購入するアイテムを決めることができました。
最後は、他のお客さんがレジに並んでいるところを、優先的にお会計させてもらって、出口までお見送り。ちょっとVIP扱い。

 

<買ったもの>

f:id:mamamatsuko:20181216021253j:image

結局、ワイドパンツ2本(明るい茶色&黒)白いクロップドパンツ1本 デニム1本 トップス1 靴2 購入しました。カードの記録を見ると、支払い額は38,000円ほど(アイテムごとの値段は不明)。これだけ買ってこの程度だったら、お得なのではないでしょうか?ほかのブランドだったらこうは行きません。


購入に至ったのはベーシックなものばかりでしたが、試着の際にバリエーションとして勧めてもらった黄色いボタニカル柄のトップス、ちょっと派手すぎるかな?と躊躇したのですが、後から思うと買っておけばよかったなと夏の間中後悔していました(似たようなの後から探すもなかなか見つからず・・・)

私の中で数年間封印していたデニムパンツも、おすすめしてもらって自分の体型に合うものが見つかったので、買うことに。
靴は買うつもりなかったのですが、服と合わせて用意してくれた低いヒールのかっちり靴と、カジュアルにも使えるストローハットみたいな素材のバレエシューズ型の靴(セール品で安かったです。)が、どちらも使い勝手よさそうだったので購入しました。
新作の定価品ばかりでなく、セール品からも似合うと思うものがあったら勧めてくれるのは好感度高かったです。

<感想>

夏が終わってみて。
買ったパンツはどれもヘビロテしました。靴も、バレエシューズの方は雨で色落ちしてしまったりして、1シーズン限りかなという感じですが、よく履きました。

仕事で使える服がほしいという私の要望はしっかり満たされました。
そして、ワイドパンツ(やトップスをパンツにしまって着るようなスタイル))に対する抵抗感も払しょくされ、この時に購入したアイテムをベースに、すこしずつアイテムを増やし、手持ちの服の活かし方もわかったので、復職直後に感じたような「会社に着ていく服がない!」という危機感はなくなりました。

あれ以来、ZARAで服は買っていないのですが・・・
スタイリングサービスはよかったです。また服に困ることがあったらぜひ利用してみたいと思います。

去年の今頃を振り返ってみて

ブログ書きたいネタはいっぱいあるんですが、相変わらずぜんっぜん追いついてませんね…

先週から次女がウイルス性胃腸炎で今日も急遽呼び出しだったので仕事休んでしまいました。時間できたので久々に書きます。

 

なかなか更新できてませんが、なぜか最近アクセス数が増えているようで。

 

何に興味持ってくださってるのかな。ママズクラブシアターの記事と新幹線の記事が結構読まれているようです。

読んでくれてる方とやりとりしたい気もしますが、ブログにコメント欄つけると管理が大変そうですし。ツイッターの質問箱やってみようかな。

 

 

去年の今頃、育休真っ只中のころ書いた記事を読み返してみると、色々懐かしいですね。

まめに更新したり、勉強したかったことを勉強してたり。自分なりに上手く時間使ってなかなか頑張ってたんだなあと。

 

と同時に、子育てのことであれこれ悩んでた時期でもありました。

 

1年前の私が悩んでたこと、気にしてたことが今どうなってるかの報告とともに、

近況を取り急ぎ羅列してみるとします。

 

 

・長女に対して頻繁に怒る事

これ、1年前は最大の悩み事で、怒っては自己嫌悪してました。(関連記事はこちら

今は、全然怒ってません。一番の理由は長女が大人びちゃって、また、次女のいる生活や東京の環境にもすっかり馴染んで、ワガママ言ったり怒ったり泣いたりが減ったから。

私が仕事していて一緒にいる時間が減ったから、というのもあると思いますし、

夫や友人に相談したり本読んだりして、怒りをコントロールする術を学んだというのもあると思います。

 

・小学校生活への不安

気づけば小1の壁まであと2年ちょっとです! 早すぎる〜

育休中は、公立小学校の時代錯誤な現状や、共働きで小学生育てる大変さなどに関して、リアル友からの話やツイッターで見かける話題を気にして憂鬱になっていました。

それで、私立や国立やバイリンガルスクールなどに子どもを入れるのもアリかも?などと考え始めていました。

色々逡巡しましたが、色々な条件が難しすぎますし、小さい頃から受験勉強させることに抵抗があるので、受験せず地元の小学校に入れると思います。その代わり(?)利用したい民間学童候補がいくつかできたので、入学の年までに情報収集つづけるつもりです。

 

 

ピアノを始めた

過去の記事にも書きましたが、長女の習い事どうするかも悩んでました。

結局親が好きなものを好きになる? - 子育ては自分育てとはよく言ったもんだ

ピアノを始めるかどうか - 子育ては自分育てとはよく言ったもんだ

育休終わってからもいくつか体験行ったりしましたが10月から近所の音楽教室(個人経営だけど2拠点あり、色々な楽器をおしえているところ)でピアノを習うことにしました。しかも夫と一緒に、です。電子ピアノも買いました。

まだ始めて2ヶ月弱ですが、始めて良かったです。改めて別記事にまとめたいですが、夫も一緒に始めたことは本当によい効果が出ていると思います。

現状、習い事は週一(土日)しか無理なので、多分もう保育園の間は他の習い事はしないかな…

 

プリキュア への抵抗感

これが笑っちゃうほどなくなりました。むしろ私はもっとちゃんと見たい笑

私が復職した直後、たぶん5月くらいから見るようになったのですが。見てみるとなかなか面白い、というか大人にしかわからないようなネタも多く4歳児には壮大すぎる!と感じる部分も。

子どもの美的感覚が〜 とか オモチャなどグッズを次々買わされる〜 とか不安になる要素が多く、見せることに抵抗がある人が多いも思うのですが(わたしもそうだった)、いざ自分の子どもが見るようになってつくづく感じるのは、「その程度のことで子供の価値観や子供との関係性が悪化することなんてない」ってことです。 ほんとに。

まあうちの長女は毎週見てますが、そんなにどハマりはしてないから言えることなのかもしれませんけどね。長女は、観るのは面白いみたいですがプリキュア になりたいとか変身したいとかはそんなに思わないタイプのようです。セリフなどを真似したり、自分と同一化するよつなこともほとんどなく。割と淡白。

 

ジーナ式

復職後の記事にも書きましたが、8ヶ月という早さで保育園に入ってしまったためにそれまで順調に行っていた睡眠リズムが保育園仕様にリセットされました。

セルフネンネが難しくなったり、夜中起きたり(未だに割とあります二日に一回くらい)。

「せっかく育休中ちゃんとやってたのに〜」と初めは思ってたんですが、なんか、どうでもよくなってきました。だって働いてる限り7時に寝るのとか無理だし、日中はどうにもならないし。

勿論ジーナさんの考えに基本賛同してるので土日などは大まかにスケジュールどおりのリズムになってますし、寝かしつけなども極力自力で寝れるようにさせてます。

それでも無理なとき、思い通りいかないこともあります。そんな時、あまり原因追及したり不安に思ったりしないようにしてます。細かく記録取って、少し睡眠時間がずれてただけで一喜一憂してた頃がもはや懐かしいです。

 

 

…とまあそんな感じで

総じて、1年前と比べたらおおらかになったというか 細かいことがどうでもよくなってしまったような。

仕事と二人育児に忙殺されて余裕がなくなってるからなのかな。でも今の方が間違いなく1年前より精神的には安定してます。

 

今日は短くてもいいから更新しようと、iPhoneから書き始めてみたところいつのまにか2200文字超え。

相変わらず要約力のない私です。

でもアウトプットもっと続けたいのでとりあえず久々に書けてよかったです。

 

また書きますね

復帰から3ヶ月

次女が保育園に入ってから4ヶ月が経ちました。

私が職場に復帰してから3ヶ月が経ったことになります。


3ヶ月仕事をしてみて、改善しなければいけない生活のリズムなどわかってきました。


現状、会社の定時より少し早めに会社を出ても、保育園は延長の時間になっていて、帰宅は7時過ぎになることが多く。

その後ご飯やお風呂でなんだかんだで、長女は10時過ぎ事情は8時半過ぎに寝かせるのが精一杯です。

寝落ちからなんとか生還して、食器の片付け部屋の片付け、洗濯、料理の仕込みなど最低限の家事を済ませてギリギリの睡眠時間確保する。

それだけ平日は終わってしまいます。

育休中は5時に迎えに行っていたので、長女は私と触れ合う時間が減った事はとても不満なようです。


夫も最近は比較的残業が少なく、夜7時半以降は大体2人体制で子供の世話や家事をやっていますが、正直週末の計画や少し先の予定などを話し合ったり、自分の趣味や勉強など時間を確保するのは難しいです。

 

その中で何とか自分のやりたい勉強や自分のための時間を確保しようとあがいています。

通勤時間はpodcastやアマゾンAudibleを利用して自分の読みたい本や聞きたい情報を積極的に取るようにしています。

電車が混んでいて身動きが取れない時間が10分から15分ぐらい毎日あるのですがpodcastやAudibleのおかげで少し達成感を感じています。


育休中に毎日続けていたような語学の勉強がなかなかできていません。

英語は朝podcastを聞いたり、気になる記事をたまに音読したりする程度。

特に力を入れたい中国語は、特に停滞気味。電車の中でアプリで文法を勉強するのを週に2回位しかできていません。NHK教育のテレビで中国語を録画してはいるのですが視聴が追いついていません。去年の二の舞になりかねないので8月から少し中国語の勉強優先順位を上げて時間を優先的に確保したいと思っています。

 

自分の体のケア、肌のケアや服のメンテナンスも行き届いていません。

ただアーサナレベルと言うアプリを使ってヨガベースとしたストレッチや簡単な筋トレを1日5分から10分程度続けています。これは5月後半から始めたのですが、割とできています。

1日5分でも、運動続けると調子良いし、起きた直後や寝る前に気分がすっきりするので毎日つづけたいです。

 

育休中のように毎日少しずついろんなことを続けるのは難しいので、週一回とか週2回の頻度でやることをちゃんとスケジューリングしていきたいと思います。

 

これまでの3ヶ月を踏まえて、8月からは手帳の使い方を変えるなどして

よりストレスなくより効率的に日々が過ごせるようにちょっと調整してみます。


書きたいことがたまっているブログのほうももっと更新していきたいです。

とりあえず携帯にいくつか残っている音声入力で書いた未公開の記事をちょこちょこアップしていきたいと思います。

結局こう言うこと

我が子を成功させる、やりすぎない子育て (ジュリー・リスコット=ヘイムス | TED Talks Live)

https://ted.com/talks/julie_lythcott_haims_how_to_raise_successful_kids_without_over_parenting?utm_source=tedcomshare&utm_medium=email&utm_campaign=tedspread

 

 

この人の言う通りだな。

当たり前のことを言っているけど、つい忘れがちになる。

子育てに悩むことがあったらまた見に来よう。

 

 

 

 

あっという間に育休も最終週に突入してしまいました。

次女も元気に保育園に通っています。

やりたいことをやり尽くすべく、スケジュール詰め詰めで動いております。

ブログ1ヶ月くらい放置してしまっています。書きたいことがどんどん出てきていますが、まずは残り少ない育休&貴重なひとり時間を悔いのないように過ごすことに集中したいと思います。

第二子 生後6ヶ月目 (私の生活記録)

第二子 生後6カ月目は私の中でもいろいろ変化がありました。
↓ 次女の成長記録はこちら。

mama-matsuko.hatenadiary.jp

 

 

  • ブログの更新を3週間続けてみた

これについては別の記事まとめています。

ささやかながら自分で決めた目標を達成することができて、ちょっとした成功体験。少し自信が持てた気がします。

 

mama-matsuko.hatenadiary.jp

 

 

  • 速読の通信講座3ヶ月終了

以前から興味のあった速読の通信講座、11月の末から90日間のものを受けてみていましたが1月下旬で終了しました。
毎日とはいきませんでしたが、一日20分×週5日くらいはできました。

やってみた詳細な感想はまた後日別の記事にまとめます。

ずっと購入を検討していたApple Watchをついに使い始めました。
買った経緯はこちら↓

mama-matsuko.hatenadiary.jp

mama-matsuko.hatenadiary.jp


すでに、手放せない存在になっています。買ってよかった!
具体的な使い方などはまた追って書きます。

 

  • ヘナとインディゴで白髪染めを続けてみた

大阪時代は美容院で髪カットのたびにカラーをしていたのですが、東京で切ってくれている方はヘアカラー反対派でヘナでのカラーしかメニューいないので以前と同じようなカラーができなくなりました。
これを機に、今後増え続けていくであろう自分の白髪をどう向き合うか考えていました。
自宅で入浴時にヘナとインディゴを使ってトリートメントを繰り返すことで徐々に白髪を目立たなくする方法があると知り、2、3日に1回くらいのペースでトリートメントを続けてみました。
現時点で12,3回やりましたが、途中髪が赤っぽくなりすぎたりみどりっぽくなったりしながら、自然な茶色に落ち着いてきました。白髪は目立たない状態を保てています。
この方法があっているか、負担が強くないかはもうちょっと続けてみて判断したいと思います。また詳細は書きますね(こればっかりw)。

 

 

そんなかんじで、育休生活も終盤に差し掛かり、今のうちにやっておきたいことをどんどんやるモードに入ってきました。
子ども2人を見ながら 4月からは仕事をしながら 自分のやりたいことや大切に思っていることへなるべく時間を使えるように、色々なことの効率化を試してみています。

 

第二子 生後6カ月目(成長記録、日々の生活)

次女が先日生後6ヶ月を迎えました。
特に祝いませんでしたがもうハーフバースデー!早すぎです。。


この1か月は本当にいろんなことがありました。
長くなりそうなので、次女および家族の日常生活に関する内容と、
私自身の育休生活
に関する内容も別記事に分けることにます。

 

  • からだ

身長65センチ 体重7.2キロ位
2-3ヶ月ごろは体重が標準よりかなり多かったのですが、大分落ち着いてきました。
新生児のころ気にしていたでべそもきれいに治り。
お肌は相変わらず、保湿頑張ってますが赤くなってしまいがちです。
自分で掻いてしまうのもあり頭やお腹が特に痛々しいです

 

  • 4月からの保育園内定

面談、健康診断等に行ってきました。無事長女と同じ園に内定をもらい、4月から通えることになりました。
これは別の記事にまとめています。

mama-matsuko.hatenadiary.jp

  • 離乳食始めた

2月頭から始めることにしました。
こちらも別の記事にまとめています。

mama-matsuko.hatenadiary.jp

 

  • 家族全員で同じ部屋で寝るようになった

退院から今まで、LDKの横の小さな部屋を、これまで第二子と私が寝る用の部屋として使っていましたが、だんだん次女の睡眠リズムも安定してきたので、全員同じ寝室に寝ることにしました。
これまで私は、ベビーベッドの横に布団を敷いて寝ていたのですが、万年床状態になっていて場所をとってしまっていました。
布団が敷いてあると、長女がふざけて寝ているところに突進してきたり、食事や着替え中に寝てしまったりしていたので、片付けられてよかったです。

これでこの部屋が子供部屋のような形で、おもちゃや絵本にアクセスしやすく、長女がいつでも遊べるスペースとして使えるようになりました。

 

  • 雪が降った

東京では数年ぶりに大雪が降りました。家の前の道は一方通行で、あまり車の交通量が多くないため、一晩で20センチ位積もってしまいました。
つい最近まで道路に雪が残っていた位、大家さんや近所の家の人々は雪かきの作業大変だったようです。

長女は初めての雪に大興奮。
毎日のように残っている雪の上で滑って遊んだり雪合戦をしたい行だるまを家の前で作ったり。寒かったですが、とても良い思い出になりました。
これを機に保育園の帰りに少し外で遊んで帰ると言うのが恒例になってしまっていました。

 

  • 児童館デビュー

近くに児童館があるのですが、なかなかタイミングが掴めずこれまでいけていませんでした。
先日児童館で餅つき大会があって、子供も参加しやすいゲームや餅つき体験などがあったので初めて家族全員で行ってみました。

児童館はかなり広く絵本やおもちゃもたくさんあってなかなか利用しがいがありそうだと思いましたので、今後頻繁に使ってみたいと思います。

育休のうちに、0歳児向けの交流のプログラムなどにも参加したいと思います。

 

  • 初の長距離移動

2月の3連休に、大阪に旅行しました。
旅行の感想などは後日書きます。
次女にとっては初めての新幹線。私も初めて一人で子供二人連れて新幹線移動をしましたが、特にトラブルなく過ごせてよかったです。
子連れ新幹線移動についてはこちらに書きました。

mama-matsuko.hatenadiary.jp

mama-matsuko.hatenadiary.jp

 

 

 

東京↔大阪 子連れ新幹線旅のコツ (2) 車内での過ごし方

子連れでの新幹線での旅のコツについて、前記事で次は車内での過ごし方を書くと予告していたのですが、主に書きたいことはほぼ前記事で書いてしまい、車内での過ごし方については大して書きたい内容がないことに気づきました・・・。

 

  • 乗車する時間帯
    車内で子どもが昼寝することを期待し、お昼前後の便を選ぶのが個人的にはおすすめです。
    乗る前に東京駅でお弁当を買い、発車してすぐ食べることをお勧めします。理想は11時半ぐらいに東京を出るような便。

 

  • 東京駅でお弁当を買う
    新幹線改札内だとバリエーション少ないので、時間があれば在来線の構内や周辺の施設で購入するほうがよいです。
    種類はサンドイッチやおにぎり、のりまきなどを食べやすいもの+ちょっとしたおかずセットを買うと、3歳児+私の二人だったらちょうど良い感じでした。

    私は中央線や丸ノ内線で東京駅に行くことが多いので、いちばん手軽でおすすめなのは、中央線ホームの真下あたりにあるエキュート東京です。

    ecute東京|楽しいことがキュ~っと詰まっている駅、エキュート

    サンドイッチやおにぎりなど食べやすいお弁当が多いですし、ちょっと珍しいメニューも多いです。手土産にしやすいお菓子なども近くに売っています。

    八重洲側だったら大丸の地下1階がやはりおすすめです。あらゆる名店のお弁当が集結しています。エキュートより人が多いので、時間に余裕がある時に限りますが。

    www.daimaru.co.jp

  • 前半はお弁当&景色を楽しむ

    新幹線が東京駅を発車して、品川ぐらいまでは座席を止めたり荷物をまとめたりして、これから2時間快適に過ごせるように席を整えます。

    品川を過ぎたあたりで、お弁当を広げて、食べ始めます。
    景色を見たりしながらゆっくり食べればだいたい30分から1時間ぐらいは持ちます。
    食べ終えたら既に静岡県内くらいには入っているので、子供がもし眠くなったら、膝の上にのせたり二つの席を使って膝枕するなどして寝かせます。
    2時間くらいうまく昼寝してくれたらラッキーですね。
    うちの長女はお腹が満たされていれば普段昼寝している時間帯(13-15時頃)になったら割とどこでも寝るタイプなのでなるべく寝てもらえるように仕向けます。次女は外だと昼寝できないタイプなのでこれから苦労しそうですが・・

    寝なかったら、富士山を見たりとか湯河原~熱海あたりの海が見える景色を眺めたりして過ごせます。
    トンネルも多いので、面白がれる年齢だったら、トンネルの中だけ窓に映る自分の姿を楽しむ、暗い間はずっと息を止めるゲームをするなどして過ごします。



  •  おすすめ遊び(1) パズル

    お弁当も食べ終わり、景色にも飽き、昼寝もしない時のために、周りの迷惑にならない遊びをやはり用意する必要があります。
    3歳児に限った話ですが、一番のおすすめのおもちゃはパズルです。

    今回の旅用に、プリンセスソフィアのパズルを購入して持って行ったのですが、新幹線の中だけでなく、お店などで子供が退屈して騒ぎ出した時などにもとても重宝しました。

     



  • おすすめ遊び(2) シールブック、ワークブック


    あとはシールを貼って遊ぶようなワークブック、シールブックなども手軽に集中できておすすめです。今回は1月から始めたポピーのワークブックももっていき、シール貼りなどをして楽しみました。

    迷路や間違い探し、塗り絵などちょっとした書き込みができるワークブック・ノートの類も良いです。
    安いものだとダイソーの迷路や塗り絵。100円ですが十分楽しめます。

    www.daiso-syuppan.com

    セイカノートのアンパンマンのぬりえ、数遊びなども200-300円くらいでお手頃でよいです。

     

     

  • おすすめ遊び(3) 絵探しの本

    前述のパズルやシールブック、よいのですが、座席から落としてしまったり、バラバラになる危険性もあります。
    ワークブックも良いですが、鉛筆やクレヨンを落とすとめんどくさいことに。
    本は物語だと読み聞かせなどしなければならならず周りの人の声も気になるところ。

    そんな中おすすめなのはと言うかウォーリーを探せのような絵本です。
    本家ウォーリーを探せだけでなく、アンパンマントムとジェリーアナと雪の女王電車など色々なキャラクターで、絵さがし、間違いさがしの本が出ているんですね。これなら声を出さずに済んで集中もできるのでおすすめです。

    さがして! みつけて! アナと雪の女王 (FIND BOOK)

    さがして! みつけて! アナと雪の女王 (FIND BOOK)

     

     

     

  • 最後の手段 動画 …プライムビデオ

    今回は準備をしたものの使わずに済んだのですが、やはり本当に疲れてきたときや歩き回ってしまいそうな時、移動時間が長い時などは映像を用意するのがおすすめです。
    スマートフォンなどやタブレットなどがあれば一番のおすすめは Amazon ビデオです。
    プライム会員が無料で見られるプライムビデオにも、子供向けのものが色々あるので、事前にダウンロードしておいていざという時に見せられるようにするのがいいと思います。
    ちなみに今回は持ち運べるタブレットがなかったので、 以前私が使っていたiPhone5に プライムビデオをいくつかダウンロードして入れておきました。
    長女は今「ちいさなプリンセスソフィア」が好きなのでプリンセスソフィアの第1話が入っていたのはとても良かったです。
    もうちょっと大きい子なら、映画まるまる1本とか見られる集中力もついているでしょうから、初めからプライムビデオを見て過ごすと決めておく方がいいかもしれないですね。

 

  • 最後の最後の手段 …Youtube
    普段ほとんど子供に YouTube などの映像を見せることはしていないのですが、新幹線の時などは特別に許しています。
     Amazon プライムビデオを使い始める前は、騒ぎ出した時の緊急対応として YouTube でその場しのぎで映像を見せていました。
    とはいえ、人気アニメなどのちゃんとした映像は無料で見られるものはなかなかなく、最近よくある、おもちゃで遊ぶようすを延々と流すような映像もなるべく見せたくありません。(アンパンマンなどで検索すると上位に出てくるのですが個人的に好きではありません、どこがおもしろいのかわからないですし。けどなぜか子ども受けはいいです)
    長女が2歳前後の時重宝したのはノ○タンのアニメ映像です。私たちが中学生ぐらいの時フジテレビでやっていたウ○ウ○ルーガという番組内で放送されていた、タレントの千秋がノ○タンの声をやっているバージョンです。
    1本5分ぐらいのアニメが10話くらいまとめて1時間ぐらいの一つの動画になっているものが大量に上がっています。
    アニメの内容は原作絵本とほとんど同じで、絵もセリフもかなり忠実に絵本をなぞっています。
    内容も無難で害がないので、1時間くらいの長編を見るのはまだ集中力が持たない2~3歳の子供に見せていてもそれほど悪影響がないと思います。

    youtu.be

    youtu.be

 

 

私の経験上おすすめのものを羅列してみました。
役に立つかわかりませんが、ご参考までに…。