子育ては自分育てとはよく言ったもんだ

元来ダメ人間なアラフォー女がフルタイムで働きながら2児の母に。夫の転勤により第二子妊娠中のワンオペ生活、引越し、転院、転園、夫婦で転勤など激動の2017年を経て、少し強くなったかも?子育てしていると気づかされる、自分のダメな習慣や育った環境のいいとこ悪いとこ。もうアラフォーだけど子育てを機にもっと良い習慣を身に着けたい。

ミシン使わずにキュアコスモ衣装(3)

大体の形が決まったので細かい装飾していきます。

 

はっきり言ってかなーり雑で

近くで見るとボロが出まくりです。

 

スターカラーペンダントはフェルトで

シールフェルトを貼り合わせて。

ペンダントが服からはみ出している方がいいという娘の妙なこだわりに従い、はみ出している裏側は同じフェルトで補強。

f:id:mamamatsuko:20191120054032j:image

真ん中のハートはキラキラさせたかったのでダイソーのスパンコールブレードを適当にハート型にして接着剤で貼り、終わり。

(もっと凝るならプラバンで周りの十二星座のマーク書かれた丸いの作ってつけたりしたらいいんだろうけど、省略。)
f:id:mamamatsuko:20191120054049j:image 

 

襟。

胴体ができた後もどう作るべきか前日くらいまで悩む。

サテンを使う方が質感が出るので、この形に切った接着芯にサテンを貼り、裏側からもサテンを貼り補強。

 

f:id:mamamatsuko:20191120054052j:image 

本体と襟にこのようにベルクロをつけ

着てから着脱するような仕様で落ち着きました。ベルクロもどこか忘れたけど100均のもの。

 

f:id:mamamatsuko:20191120054035j:image 

 

ピンクの薄い短いマント。

あってもなくていいと思いましたがここまできたら作りたくなり、

ダイソーのまくら干しネットを使うことに
f:id:mamamatsuko:20191120054100j:image

端の部分を切って(娘にやらせる)
f:id:mamamatsuko:20191120054028j:image

本体につけてできあがり
f:id:mamamatsuko:20191120054040j:image

首のチョーカー。

これも超適当に目分量でフェルトとベルクロで作りました。

ベルクロが見えちゃってたので面倒でも後ろで留める形にすればよかった。
f:id:mamamatsuko:20191120054045j:image

フェルトを適当に袋状に切ってしっぽも。

中にはフワフワ部分で使ったタオルのあまりを詰めて。スカートのウエスト部分に縫い付ける

後日しっぽが太すぎると娘から指摘される。
f:id:mamamatsuko:20191120054055j:image

 

カチューシャの仕上げ。

帽子はフェルトで完全目分量で作って

f:id:mamamatsuko:20191120055252j:image 

星の部分も土台をフェルトだ星型に切った上にスパンブレードを貼ってごまかしました 

耳小さいけどカチューシャ完成

f:id:mamamatsuko:20191120055321j:image  

 

イヤリングは絶対つけたい!と娘が言うので

ダイソーでプラバンと黄色い油性ペンを買い、直角三角形を適当な大きさで作り

オーブンで、
f:id:mamamatsuko:20191120055304j:image

イヤリング土台(挟むタイプ)を接着剤でつけて完成

f:id:mamamatsuko:20191120055307j:image

つけるとこんな感じ
f:id:mamamatsuko:20191120055300j:image

 

さらにもう2個 穴あけパンチで穴を開けた三角形をプラバンで作っておき

ゴムを通して髪の毛用に。

三つ編みに編み込む用のピンクの紐は

セリアで買ったピンクのラッピング用リボンをゴムに縫い付けて

f:id:mamamatsuko:20191120055256j:image

 

f:id:mamamatsuko:20191120060253j:image

こんな感じで三つ編みと一緒に編み込みました。

ふー。これで完成。

なんだかんだで前夜は夜鍋に近い状況。

 

最後の方かなり適当でしたが、ディテールに凝ると「ぽさ」が増すので

上半身の装飾多めでやってみました。

 

次の投稿で、当日の様子を紹介します。

ミシン使わずにキュアコスモ衣装 (2)

前回の続きです。

 

3週間くらいに渡ってバラバラと作業してきたので、パーツごとではなく作業した順番に紹介します。

まず、材料調達。

最初に用意したのは、前回も紹介した

・虹色スカート(¥898)

 

そして、キュアコスモは青い手袋が重要でしょ、と思ったので

・青いロンググローブ (¥899)

L-Peach 子供 女の子用 サテン ストレッチ ロンググローブ... https://www.amazon.jp/dp/B075Q4X4YP?ref=ppx_pop_mob_ap_share

 

以上Amazonで購入。

 

制作開始してから何度か、近所の様々な100均を回ることになるのですが、

まずはカチューシャのベースとなる猫耳カチューシャをキャンドゥのハロウィンコーナーで購入。

耳部分がピンクの虹色になっているので、これを生かして耳を作りたかったのですが、長女からダメ出しされて断念。

↓こうしてフェルトを耳にかぶせることにしました。

濃紺と薄ピンクのフェルトは家にもともとあり

白の部分は100均で新たに買ったシールフェルト。

白部分を薄ピンクに貼り、一回り大きく切った濃紺と合わせて中表にして縫って裏返し、元あった耳にかぶせて縫います。

やりたがったので片方は長女が縫いました。意外と綺麗。5歳児にも並縫いってできるものなのですね。

f:id:mamamatsuko:20191117220905j:image

完成したらちょっと耳小さかった…

全部目分量、フリーハンドなのでそういうことがしばしば。けどもう直す余裕なしのでこのまま行きます。

カチューシャについてた耳の大きさ気にせず大きめにすればよかったです。

 

 

次は腰と手袋についている白いフワフワ

f:id:mamamatsuko:20191117221631j:image
f:id:mamamatsuko:20191117221624j:image

 

ダイソーに売っていたフワフワマイクロファイバータオルを使用しました。見つけた時これだ!と思いました。

4cm幅くらいの帯状になるよう中表にして縫って、本体に縫い付けるだけ。

手袋に元から付いていたリボンは外しました(接着剤でついていたのですぐ外れました)。

 

正規品にも手袋はついてないですし

インスタやブログなどでコスプレしている子の写真を探してみても、手袋はしていない人が多いですが、個人的には、着けただけで一気に「ぽさ」が増す、かなり重要なパーツだと思います。手袋についてる黄色い星は割愛。

 

さらに膝上のニーハイソックスも購入。

幼児用のニーハイソックス、需要ないのかなかなか売ってるところを見つけられなかったのですが、近所の商店街にある靴下やらcopoで見つけました(¥418)。

キュアコスモは靴下にもフワフワがついているのですが、長女に着せてみると膝から上はスカートで隠れることがわかったし、長女も付けななくていいというので割愛。

 

そして胴体。

どう作ろうかと迷いながら、

家に、むかーしからあるサテン生地があったので(大学サークル時代の衣装作りの残りと思われる、しかもちょうど青と白!)

これを使うことに。

ミシンがなく、シャツのような形に仕立てたりするのは無理なので、サイズアウト気味でかなりくたびれてきた無印のキャミソールを土台とし、サテン生地を貼る作戦にしました。

f:id:mamamatsuko:20191117234922j:image

大活躍したのがこの二つ。アイロンでくっつくダイソーの接着芯と、接着クロス。
f:id:mamamatsuko:20191117234918j:image

 

青は紐部分残して接着クロスで貼り付け。

実はその前に、接着クロスという便利なものの存在を知らなかったので、布用ボンド(コニシのさいほう上手)を使って貼ってみたのですが、

ボンドの跡が表から見えてしまったり、着ると剥がれてしまったりで粘着度イマイチだったのでやり直したのでした。

前の白い部分は、V字型に切った接着芯に白サテンを貼って白い三角を作り、それを土台となる青いキャミソールに接着クロスで貼りました。

 

本当は白い部分にボタンやペンダントなどつけてから土台に貼った方がいいのでしょうけど

ボタンなどと位置は長女に着せながら決めたかったので先に付けちゃいました。

 

f:id:mamamatsuko:20191118000143j:image

まだ手袋のフワフワもカチューシャの耳も未完成な状態で試着した時の写真。

これでも全体の雰囲気としては良い感じで、長女もちょっとテンションUP。

サテンの色味や生地感がとても良かったのと、手袋とも奇跡的に合ってたのがラッキーでした。

 

これが当日の10日前の状態。

この後細かい装飾が続きます。

 

 

ミシン使わずにキュアコスモ衣装 (1)

10月の初め頃、保育園の長女のクラス(年中)で、

「ハロウィンの日に近所のお店などを回って仮装行列をすることにしました。ワンポイントでもいいので仮装の用意をお願いします」

という連絡がありました。

 

昨年までは、先生たちや子供達が自分で制作した簡単な帽子などを使って園内を練り歩くだけだったんですが、

幼児クラスの児童が増えるにつれ(娘たちが通う園は新しいので、初めの数年は年中年長クラスの人数がすごく少なかったのです)、

また地域とのつながりが増えるにつれ、

ハロウィンをもっと大規模にやろうというになったと思います。

 

ワンポイントでもOK、と働く母にも良心的な表現でしたが、なんだかんだ言って凝る家庭は凝るんだろうなと思いました。

我が家は、ミシンもなく、私も服作りなど苦手なので、既製品を買って済ませられるのならそうしたいと思いました。

かぼちゃや魔女などの被り物を用意すればいい、くらいにできたらいいなと思っていたのですが、長女はプリキュアやプリンセスなど女の子らしいものが好きなので

昨年ディズニーランドに行った時にメルカリで購入した、エルサのドレスをきたらどうかと提案してみました。

でも娘はキュアコスモ(娘が押している今年のプリキュアのキャラ)がいい!と言うのです、、

 

値段を調べてみたところ、玩具メーカーから出ている正規品は大体6 7000円位。

メルカリを見ても、ハロウイン前ということもあってほとんど出回っていません。

キュアコスモは後から追加されたキャラなこともあり、また人気なようで、他のキャラクターよりも中古が出回っている数も少なかったです。

「カチューシャとイヤリングは絶対つけたいと娘が言っていたのですが」カチューシャとイヤリングの正規品を買うと2980円位でした。

 

トータルで約10,000円、かつハロウィン以外に着る予定は今のとこありません。プリキュアは毎年2月に入れ替わるので来年着ることはないでしょうし、次女が大きくなる頃にお下がりすることも難しそうです。

 

何か簡単な方法で作ることができないかと考えました。

アマゾンでいろいろ探してみたところ、キュアコスモと同じような虹色をしたチュールスカートが900円位で売られていました。

 

キッズTUTU カラーチュチュ スカート... https://www.amazon.jp/dp/B072192YQM?ref=ppx_pop_mob_ap_share

 

これにカチューシャや手袋そして上半身をなんとか作ればそれなりになるのではないかと考えました。

 

ただ我が家にはミシンがないので凝った縫製はできません。そしてそんな作業する時間もなかなか取れません。

でも毎晩少しずつ少しずつ、簡単なパーツを組み立てていけば作れるような気がしてきました。

 

私は本当に不器用で、洋裁や手芸などほとんどできないのですが、大学時代に音楽サークルに所属していて、ライブなどで使う衣装をみんなで作る経験を何度もしてきました。

ミシンが必要な部分は他の人がやっていたのですが、私はいつも接着剤で何かをつけたりパーツを組み合わせたりする役割ばかりでした。

でもその経験から、いわゆる普段着を作る洋裁とは違う、着る当日だけ見栄えが良ければいいような衣装作りのポイントみたいなものを押さられている気がするので、作れる気がしてしまったのです。

 

作った衣装はこんな感じで当日着てもらいました。

f:id:mamamatsuko:20191117065012j:image

長くなるので、次の投稿で作り方を紹介したいと思います。

もはや洋裁、手芸ではなく工作の世界です。

私と同様に不器用なお母さん、ミシンのない家庭の皆さんの参考にしていただければと思います。

 

小学校受験することにした話

ブログに書くの遅くなりましたが、実は

3カ月ほど前に夫と話して、長女を来年小学校受験させてみることに決めました。


そして、新しくアメブロを開設したので、

これから小学校受験関連の記事はそちらにアップしたいと思います。

「まさか我が家が小受とは」

https://ameblo.jp/cheese-honey/

 

こっちのブログでは引き続き受験の話以外、

主に私のWM生活の試行錯誤、見出したライフハックなどを記録していきたいと思います。


お盆休み中に受験を決めた時のメモが残っていたので以下に掲載します。

----

今年のお盆は9連休でしたが遠出しなかったのでゆっくりと普段できない家事子供の写真整理をすることができました。

夫と二人で話す時間もいつもより持て、色々話すうちに小学校受験することを決めました。


以前このブログにも書いたかと思いますが、

2年ほど前にも日本の公立小学校の話を色々聞いて、古い慣習や横並びの教育が嫌だと思って私立受験を考えたことがありました。


けれどその時は、やはり共働きの家庭にとっては送り迎えなどの面でかなり無理があること、

小さいうちは多様な価値観の人がいる環境で暮らした方がいいと考えたことなどから、

地元の公立に行った方がいいと判断しました。


今住んでいる地域の小学校はなかなか評判が良いこともありました。そして近くにある民間学童がとても良さそうなので、そこに入れればいいかなと思っていました。


ただ最近、中学生の子がいる姉の家族の話や、中学生・小学校高学年の子がいる友人たちの話を聞いていると、中学受験がとても大変だと感じるようになりました。


共働きはとくに、親の時間的制約が多くて大変そうというのがまずあります。

それに、大手中学受験塾に通うと年100万(×3年)とか普通にかかるし、経済的負担もなかなかだということも周りの人たちの話で初めて知りました。


もちろん単純に、一番遊びたい盛りであろう小学校4、5年の時期に毎日のように塾に通うのはかわいそう、のびのび好きなことをしてすごさせてあげたいと言う気もしてしまいます。


姪を見ていて、本人にやる気がなければなかなか周りが頑張っても続けるのは難しいということも実感しました。


人気の中高一貫校の多くが最近高校からの募集を止めるようになり、女子は特に、高校受験で選べる選択肢が減っていると言うこと、

そしてそのことによって最近第二次中学受験ブームが来ていることも知りました。


そんな中、7月終わり頃に元会社の先輩達と集まった時、一人の先輩に「絶対に小学校受験した方がいい!親も大変じゃないし1年で済む。

中学受験は3年以上続くし子も親もメンタル疲れる」と力説されました。


そしてその先輩が私が住んでいる近くにいくつか有名な大学の附属小学校があるということを話してくれて、そういうところも受けてみたらと勧められたのです。

私はその大学の附属小学校がそこにあることすら知らなかったのですが、確かに中学受験等で疲弊することなく、部活や他の活動も楽しみながら10代の前半の大事な時期を過ごすというのは良いかもしれないと考えるようになったのです。


一緒にいた別の先輩も「私小学校受験したけど全然記憶にないし、教室も遊び感覚だったよ。落ちて悲しかったとかもなかったから本人も大して負担ないよー。」と言っていました。

 

元々私には、幼児期、児童期こそ私立に入れるなどして良質な教育を受けさせたいという考えはありました。

また「いい大学に入れば良い就職先に入れる」みたいな昔ながらの偏差値教育にすごく疑問を持っていた部分も大きいです。今でも、子供に有名大学にいってほしいとかそんなに思っていないんです。


----


私も夫も高校までずっと公立で育ちましたので、小学校受験は本当に未知の世界です。


でも、色々な方のTwitterやブログを拝見していて、「共働き家庭のお受験」というものがここ数年少しずつ増えてきていることもわかりました。そういった先輩方の情報を得た色々と参考にさせていただきながら、挑戦してみたいと思います。


どのような形で挑戦していくかは今後アメブロのほうに発信していきます。

そして私も他の方の参考になるように、足跡をアウトプットしていきたいと思います。

ワーキングマザーだからこそできるやり方もあると思いますし、子供も、共働き家庭だからこそ得られる人生の切り抜け方みたいなことをこれを機に学んでもらえたらと思っています。


「まさか我が家が小受とは」

https://ameblo.jp/cheese-honey/

 

通勤時間でやることを細かく決めた

 

15分× 4のやりたいことを優先してやるようなスケジュールを習慣化させる事によって、そのほかの「毎日やりたい」と思っていたことも、より具体的にやる時間が決める必要が出てきました。

 


特に片道1時間ある通勤時間の使い方が劇的に変わりました。

それまでは、なんとなく、毎日読書をしたい、仕事で必要な情報収集をしたい、中国を勉強したい、Voicyやpodcastなどのコンテンツも楽しみたい、音楽を聞きたい、などと思っていながらもそれをなんとなく通勤時間にしたいとしか決めていなくて、できたりできなかったりの差が日によって激しくなっていました。

 


現在こんな感じで通勤時間を利用していますす。

 

 


【朝】

・保育園から駅まで:中国語の発音

声を出さないと覚えられないので、夜に学習したテキストの例文をひたすらぶつぶつ復唱してます。

 


・最寄駅から急行停車駅まで:中国語のテキスト見ながらリスニング 

中国語は耳だけでなく目から漢字や拼音を見ながら覚えなければなりません。駅で待っている時間から急行乗り換え駅まで各駅停車に乗っている時間は、声は出せませんがスマホをいじれるスペースがあるので、テキストを見ながら聴いて覚えています。

 


・急行停車駅→地下鉄乗り換え駅:ワーママはるさんのVoicy を聴く

途中で急行に乗り換えるのですが、乗り換えてから降りるまでの約15分間はかなりぎゅうぎゅうでスマホを操作できないので、これまでもポッドキャストや耳読をしていました。noteやブログも参考にさせてワーママはるさんがVoicyを始めてからは、この時間に毎朝聴いています。

https://voicy.jp/channel/862

ワーママはるさん、すごいです。ファンです。色々な本を読まれていてワーママ生活に役立つ情報をわかりやすく発信されています。毎日更新されていますし(アウトプットを試行錯誤しながらも続けられていることも尊敬)、尺も1.5倍速で20分で聴き終わるように作られていますので(私にぴったり!)毎朝新しい学びや気づきをもらえています。

 


・地下鉄:日経電子版+業界紙電子版+好きな音楽

地下鉄に乗り換えて会社最寄駅までは約20分。座れませんがぎゅうぎゅうではないので、スマホで日経電子版と会社で購読している業界紙の電子版をざーっと読みます。

7月からお試しでアマゾンミュージックを利用してみているので、新聞を読みながら最近の音楽をいろいろ探して聴いてみたりしています。音楽は、子供が生まれてから全然聴かなくなってしまっていて、普段テレビを見ないので最近の流行にすっかり疎いのですが、アマゾンミュージックで最近の曲やオススメされた曲、昔好きだったアーティストなどの曲を探して聞くのとても楽しいです。

 


【帰り】

帰りは、仕事も終わって一息ついたところなので、あまり朝ほど情報を詰め込むようなことはしないようにしています。

家に帰ってからまた子供たちとのバトルが数時間あるので、一人でゆっくり考え事ができる時間と捉えています。

 

 

 

・地下鉄 音楽聴きながらネットサーフィン、ショッピング

アマゾンミュージックで好きな曲を聴きながら、気になったことや買いたいものをネットで調べる時間にしています。知りたいものや買いたいものがあると私はすぐその場で仕事中でも調べたくなってしまったりするのですが、帰りのこの時間をネットサーフィンの時間と決めたことで、調べることを日中リストアップしておいてこの時間に調べる・買うということができるになってきました。

日中や家で無駄にネットサーフィンをしている時間も少し減った気がします。

 

・乗り換え駅→急行停車駅 ポッドキャスト

帰りも、急行に乗っている間は朝ほどではないですがそこそこ混むので、podcastを聴いています。昨年仕事に復帰した時からよく聞いているのが、ファッションスナップと、台本なし英会話レッスンのpodcastです。またはKindleの読み上げ機能で本を読む時もあります。

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/fashionsnap-com-%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88/id557119515

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E5%8F%B0%E6%9C%AC%E3%81%AA%E3%81%97%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3/id1160388707

 

・急行停車駅→最寄駅 会社メール

急行停車駅降りてから最寄り駅に着くまでは大体7 8分なのですが、ここで会社の携帯から会社のメールをチェックしています。これまでは必要がなくてもちょこちょこ、数分に1回会社のメールを見たりしていたのですが、定時を過ぎていた場合は見る義務はない、もし重要な用事があったら携帯に電話かかってくるはずだと割り切って、会社のメールを見る頻度を下げるようにしました。

 

・駅から保育園→会社の業務報告入力

実は私の職場では、毎週何をしたか業務報告書を書いて翌週月曜に関係者に送らなければいけません。週末にまとめて今までやっていたのですが、そのためにパソコンを持ち帰って土日に作業することも多く、負担になっていました。

そこで駅から保育園に行くまでの10分ほどの間に、その日にあった打ち合わせや業務の予約を音声で入力するようにしています。音声で入力すると、その日にあったことを少ない文字数で予約できるほか、1日何をしたか自分で振り返ることもできます。実際は5分ぐらいで済む作業ですが、週末仕事に割く時間を大幅に軽減できている気がします。

 

こんな感じで、通勤時間にやることを細かく決めたことで、毎日できなかったことが確実にできるようになり、仕事の効率も自分の満足度もかなり上がっています。

 


ごちゃごちゃしている部屋の中のものそれぞれに居場所を作ってあげることで部屋が片付く、みたいな感じに似てるかもしれません。

 


私は、空間でもタスクでも整理するのが苦手なので、こういうことも、仕組み化するのに一苦労です。でも一度やってしまったら「なんで今までできなかったんだろう」と思います。

整理整頓が得意な人、常に頭が整然としてる人からしたら「なんでこんな簡単なことができなかったの」と思うようなことかもしれませんが、こうして少しずつ少しずつ改善をして行けたらと思います。

 

15分× 4の自分時間を確保したら自己肯定感が上がった話(2)

9月の終わりに1日15分の自分時間を確保することを決意してから約1ヶ月半が経ちました。


これをきっかけにプライベートの時間作りも、仕事の効率もかなり改善されたと思います。

私自身すごく気分が良いですし、1日1日の過ごし方や気分がかなり変わったと実感しています。


以下の、確保すると決めた4つの時間

1.手帳の時間

2 .ヨガの時間

3.読書の時間

4.中国語の時間

それぞれ15分ずつというような均等な配分では確保できていません。


それぞれを見てみると


1.手帳の時間

これはかなりできています。

朝晩それぞれ15分ずつぐらい確保できているのではないでしょうか。

ジブン手帳ガントチャートのページを、日々のアクティビティートラッカーとしてちゃんと活用できるようになりました。

そしてStudyhackerというサイトで知った「3行日記」というやり方なのですが

https://studyhacker.net/3-linediary  

毎日夜にその日の反省、良かったこと、次の日の目標をそれぞれ一行ずつ書く

ということをするようにしてみてから、1日をしっかり振り返り、自分と向き合えるようになれた気がします。

 

次の日や数日後に予定されている用事 〜仕事はもちろんプライベートのTo Doも〜 見通しをつけて管理できるようになったため、

「この日は早く帰ろう」「この日は延長保育でしっかりこの仕事を終わらせてから帰ろう」

といったプランニングも週単位でできるようになってきました。

 

2 .ヨガの時間

これも、15分は無理ですが、

毎日最低5分多くて20分位のエクササイズを選んで実行しています。

1年以上前からこのアプリを使い始めていますが、2月ぐらいに記録した14日間というのが最高の連続記録だったのですが、

10月に19日間という新記録を更新することができました。

大体朝起きてすぐに、

お水を飲んでサプリを飲んでからやることが多いです。

  


3.読書の時間

仕事や子育てに必要なハウツー本やビジネスシ書ばっかり読んでいたので、すぐに読む必要がない小説などを読む時間を作りたいと思って決めたのですが、なかなか毎日は確保できていません。

でも通勤時の細かいスケジュールを決めたことで、Kindle読み上げなどの耳読や、ポッドキャスト、voicy も含めた情報のインプットはかなり量が増えています。でも本当は好きな作家の全集を集めていてずっと積ん読されていたりするのがあるので、仕事や仕事や育児など全く関係ない小説をやっぱり読む時間を毎日確保できたらなと思います。

 

4.中国語の時間

これまで通勤時にCDを聴いたり、アプリを使って勉強したりと言うのができたりできなかったり週に3回位といった感じで、始めてからかれこれ2年経つものの全然身についていなかった中国の勉強でしたが、

夜寝る前と朝の家まで歩く時間と言うのは完全に中国ブロックすることにしました。

1レッスン10文くらいの例文があるテキストを、夜15〜20分くらいかけて学習。

翌朝、保育園から駅まで歩く間に音源を聴きながら復唱。(テキスト見ずに音と口で覚える)

今のところ新しいレッスンを追加できているのは4〜5日に一回程度ですが、朝の復唱は平日毎朝できているので、習慣付きました。

それでもゆっくりですが、以前よりも速いスピードでできています。

 

とりあえずこの4つ毎日やると決めて1ヶ月半続けて見たおかげで、日々の日課を細かくスケジューリングすることが必要だとわかりました。

またそれに伴っていろんなことを日々のルーティンを少しずつ少しずつ改善していくことができています。

手帳の書き方も変わりました。

どのように日々の日課を変えていったかについては別の投稿でご紹介します。

15分× 4の自分時間を確保したら自己肯定感が上がった話

また時間空いてしまいました。

ダイエットの話が完結していませんが、

近況書きたくて違う話題です。

 

いろいろな時間術をこれまで試してきましたが、やっぱり夜どうしても時間がないと感じることが多くて、いろいろやりたいことを優先順位をつけて整理してみることにしました。

 


そしてその中で4つ特に優先順位が高いと思うものを毎日必ず15分ずつ時間をとってやると言うことを試してみました。

今の私の場合

1.手帳の時間

2.ヨガの時間

3.読書の時間

4.中国語の勉強の時間

の4つが大事だと思い、選びました。


これまで、例えば午後10時位に子供を寝かして一緒に寝てしまったとしても、午後11時から12時ぐらいに起きて、残していた家事: 例えば皿洗い(もちろん食洗機を使っていますが、食洗機に入らない鍋や木の器など手洗いが必要なものもあります)、洗濯物たたみ、洗濯干し、保育園のカバンの荷物の出し入れ、と言った事を片付けてから少しニュースを見たりしていると気付けばもう夜0時や1時になっていて、毎日続けたいと思うような読書や勉強の時間がなかなかとれずにいました。

 


できないと「じゃぁその分早く起きてやろう」と思って4時半とか5時に起きてやろうとするのですが、ご飯の作り置きや朝ご飯の支度自分の身支度など、やるべきことを済ませてからでないと気持ちがそわそわしてしまい、

結局朝も十分な時間が取れず。なんて日々がずっと続いていました(かれこれ2〜3年?)

 


夏場は特に子供が早く起きてしまったりすることも多いので、予定が崩されて「また今日も何もできなかった…」とテンション下がったまま会社に行く、会社でも睡眠不足で仕事が捗らない悪循環に陥ることもよくありました。

 

 

 

このままじゃいつまでたっても、やりたいこと全然やれないんじゃないか。

そもそも毎日やりたいと思っていることが多すぎて、無謀な計画を立てているんじゃないか、

などとネガティブな気分になりかけていたので

3週間ほど前に一念発起して、

・毎日本当に絶対続けたいことを4つくらい選んで、それぞれ10分でも15分でもいいから数ヶ月つづけてみよう。

・それらは寝るまえにやろう。家事がまだでも優先しよう。

と決めて試してみたのです。

7つの習慣で言う「バケツの中にまず大きい石を入れる」と言うやつですね。

1日のうちたった40分から1時間を自分のために確保することもできないのであれば、それって自分のために生きていると言えるのか?そんな生活は何か問題があるに違いない。とも考え、とりあえず実践してみてます。

 


するとどうでしょう。

毎日完璧に4つ全部とは言えませんが、結構できています。

手帳に記録していることもあり、2、3週間続けると少しずつながら進捗していることもわかり、とても気分がいいのです。

 


家事のほうはと言うと、

・朝、昨晩のご飯作りに使ったボウルや調理器具が洗われずシンクに置かれている

・取り込んだ洗濯物がカゴに入ったままたたまれずに放置されている

なんてことが続いています。

 


けれど、翌朝まとめて朝ごはんの片付けと一緒にやってしまったり、最悪翌日の夕食の後にやったりと手抜きっぷりが出ていますが、なんとかなっています。

 


そしてとにかくこちらの気分はすごくいいのです。機嫌もよく保っていられる気がします。

 


洗濯物は別にたたまれていなくても、必要な場合はカゴから取り出して着ますし。

もっとも、私が家族全体に関わる家事より自分の勉強や読書を優先しているからといって、特に皆文句は言いません。ご飯作りや子供の支度など毎日最低限やらなきゃいけない事はやっていますし。

 


自分のことを大事にしたということ

自分自身を振り返る時間をしっかり持ったこと

自分の体をいたわるためのヨガ、自分の知りたいことを知るための読書、そういったものにまず先に時間をかけられること。

そういったことがどれだけ大事か、そしてそれがどれだけ自分の活力につながるのかということを実感しました。

正直ここまで気分が良くなると思いませんでした。

 

一人暮らしの時には当たり前だったことかもしれませんが、子供がいるとつい後回しになりがちなことです。

 


ブログで考えたことをアウトプットするということも私の中でもっとやりたい、大事だと考えていることなので、もっと慣れてきて、あと15分ぐらい毎日追加できるのであれば、日々のルーティンにこれは加えたいと考えています。